銀行系カードローンのデメリット

経営が安定していて安心感がある銀行のカードローン

以前は消費者金融が個人向けカードローンを一手に担っている状態でしたが、その後、多くの銀行が参入し、有名タレントが出てくる銀行のカードローンのCMを見ない日はないといった状況になっています。これからカードローンに申し込もうという人の中には、あまり聞いたことがない消費者金融よりもなじみのある銀行の方が安心ということで、銀行系のカードローンの中から選ぼうという人も少なくないでしょう。実際、中小消費者金融だと経営が破綻してしまうケースも珍しくなく、その場合、カードローンの借り入れができなくなり、返済のみになってしまうこともあるので、消費者金融と比べれば会社がなくなることが少ない銀行の方が安定しているといえます。

新規で申し込んだ当日にお金を借りられない

ただ、銀行系のカードローンはいいことばかりではありません。たとえば、消費者金融と比べると審査基準が厳しめに設定されているので、融資を受けにくいというデメリットがあります。銀行はそもそも企業に向けてお金を貸しているところです。そのため、消費者金融のようにリスクを冒して多重債務者やアルバイトの人にわざわざ貸さなくても、企業向けの融資で十分利益を上げられるのです。 また、即日融資と呼ばれる、新規の客が審査を申し込んだ当日にお金を借りられるという仕組みがありません。即日融資にすると、どうしても一人あたりの審査時間が短くなってしまい、返済能力の低い客に貸してしまって破産させてしまうといったことが起こりえるからです。上記のようなデメリットはあるものの、金利が低いといったメリットもあるので、申し込む場合はその辺を十分考慮するといいでしょう。

© Copyright Loan For Individuals. All Rights Reserved.