消費者金融系カードローンのデメリット

利息も計算に入れた返済計画を

カードローンといえば原則として担保や保証人が要らず、使いみちも自由という便利なローン商品としておなじみです。このカードローンには、大きく分けて銀行系と消費者金融系の2種類があります。このうち雑誌広告や車内広告などで見かける機会が多いのは、消費者金融系すなわち消費者金融業者が提供しているカードローンです。銀行系カードローンと比べた場合、消費者金融系カードローンには申し込みから融資実行までの期間が短い、インターネット上のサービスが充実しているといった多くのメリットがあります。その反面、デメリットもいくつかあります。たとえば一般的に見て、消費者金融系カードローンは銀行系カードローンに比べると利率が高めに設定されています。そのため、利息の返済もきちんと計算に入れたうえで計画的に利用することが銀行系カードローン以上に求められます。

公的な規制で限度額を制限

また、消費者金融系カードローンには、総量規制という公的なルールがあります。これは、貸出業者は利用者の年収の3分の1を超える貸出を行ってはならないというもので、銀行系カードローンにはない独自の規制です。そのため、まったく同じ人物が申し込んだとしても、銀行系カードローンよりも消費者金融系カードローンの方が利用可能額が低くなってしまうということも理論的には起こり得ます。ただ、このことは一概にデメリットとは言えません。というのも、そもそも総量規制は借り過ぎ防止を目的として設けられたルールであり、ある意味では返済不能などの事態が生じないよう安全弁の役割を果たしてくれているからです。また、銀行系カードローンにしても貸出限度額はそれぞれの銀行が独自にルールを定めているため、必ずしも消費者金融融系カードローンより多くの資金が借りられるとは限りません。

© Copyright Loan For Individuals. All Rights Reserved.